どうも、SAKURAです。



当ブログを訪問してくださり、ありがとうございます。




このブログは、
広汎性発達障害の娘あーさんの療育日記です。



あーさんと、私たち家族の日々を描いています。


本日の記事です。

↓↓
    




二年生から支援学級になったあーさん。


536-1




といっても、在籍が支援学級になるだけで、
算数と国語の授業以外は、すべて通常学級で過ごします。




536-2




見た目には・・・
いつも通常学級にいて、算数と国語の時間だけ抜けて、
支援学級へ行ってる感じなので、

違和感はあまりない。




2年生からの支援学級進級を決めたのは、
去年の9月。

実はその翌月の10月から、
支援学級に慣れるため、一日一時間だけ支援学級に通っていました。



なので~


あーさんは、
「国語と算数は支援学級」という流れをきちんと把握し、
時間になれば、教科書をもってクラスを移動するそうです。



536-3



536-4




クラスの子から見ても、
「あ、そっか。あーさんは支援学級に行くんだね。」という感じ。









私は、あーさんが支援学級に通うことで、
周りの子の反応が心配でした。

からかわれたり・・・しないだろうかと。


しかし、

(一年生の時)担任の先生が
きちんとクラスの子に話してくれて、

536-5



クラスの子たちは、
「いいな~!あーさん!俺もあっち行きたーい!」
と言っていたそうです。


「みんな、まだちゃんと(支援学級に行く)意味は分かってないと思います。」
と先生が言っていました。

もちろん、まだ理解するのは難しい。

でも、
何も説明しないで行かせるより、ちゃんと話しておいた方がいい。


本当に意味は
徐々に、気が付いて行ってくれればいいかなと思います。




支援の教室へ移動の時、
みんなに羨ましがられ、


536-6



あーさんもドヤ顔で通っているとか(笑)





あーさんが早めに支援学級に移動すると、
休み時間いっぱいは、
クラスの女の子たちが遊びに来てくれるそうです。


そして、チャイムが鳴ったらバイバイ。



面倒見がよく、
優しい子たちがいて、本当に嬉しく思います。




これからは、
前より少しだけあーさんが支援学級で過ごす時間が
増えることになります。


そこがどうなるかの不安はありますが、

本人は嬉しそうです。





これから少しずつ見守ります。




















発達ナビさんでコラム公開中です。 



40-6




良かったら、ご覧ください♡

                        
       




Instagram始めました~!
良かったら覗いてください☆
↓↓

sakura.kosei

読者登録してね

 
    
        
        
        


                        
                    
                    
                                      
                                            
                                                                                    
                                                                                   
                              






読者登録お願いします!!
クリック!!

↓↓↓
読者登録してね