どうも、SAKURAです。



当ブログを訪問してくださり、ありがとうございます。




このブログは、
広汎性発達障害の娘あーさんの療育日記です。



あーさんと、私たち家族の日々を描いています。


本日の記事です。
↓↓


 
 
 

 

 





















今から話す話は、
我が家はこうした・・・って話。

私が書いているのは、現状・・・・。

今から進学をする発達障害の子を育てる親御さんの・・・
少しでも参考になれば・・・という思いから書いています。









前回の続きです。



あーさんの課題、もう一つは・・・



お友達の名前を覚えないこと。



201-1




もうね・・・・


こんなに毎日、良くしてもらってる・・・・


お友達の名前を・・・・



覚えないのかぁぁぁぁぁ!!!!


201-2


と心の中で叫びつつ、


冷静に説明。




201-3





しかし漠然と、
友達の名前を覚えなさいって言っても、
覚えられないあーさん。

どうしたもんかと困って
あーさん父に相談。


201-4



すると、あーさん父から提案が・・・・




お友達の顔写真で、
カードを作って、
ゲームにしたら?
それを毎日やれば覚えると思う。




お!おぉ!!


父!!!

ナイスアイディア!!!!


201-5


201-6

あ、すんません・・・(笑)





早速、
クラスで配られた、だより?の
お友達紹介に載っていた顔写真を、
コピーして・・・・
切って・・・・貼って・・・・

カードに。



201-7





あーさんは耳から入る情報を覚えるのが、苦手なので、

顔写真を見て、
「○○ちゃんね!」と言い聞かせても覚えにくい・・・・



201-8



あーさんは、
ひらがなが、かなり早く読めるようになったので、


カードは読んで選ぶのではなく・・・


見て、合わせる方法に。



201-9

『ちゃん』や『くん』は、名前を覚えた後で付ける。
あーさんは字しか見てませんが、
いちお私は読みます。
あ、カードが漢字(笑)実際は全部ひらがなです。



もちろんこれは、最初だけ。


ある程度覚えたら、
今度は全体写真を見せて、


「この子誰?」

「○○ってどの子?」

と聞くようにしました。


201-10




これを毎日続けることによって、
あーさん・・・・少しずつですが、

お友達の名前を憶えてきました。



このことであーさんは、
友達の名前に興味を持つようになり、

最近は、
『きょうは、○○ちゃんと、○○くんがおやすみだった!』

とお休みの子を、
覚えて帰ってくるようになりました。



でもまだ全員言えるわけではないので、

引き続き、頑張ります。




                
・・・・続くYO!!
                        
        









        
        
     
                    
                    
                    
                        
                            

読者登録お願いします!!
クリック!!

↓↓↓
読者登録してね